葬儀の際に行うべきことやそれに伴う金額の紹介

霊園墓地

ずっと先を見据えることです

そのご家庭ごとに、代々引き継がれてきた霊園墓地があります。近年は、親族も他界して一人暮らしの方達も増えていますので、霊園で御墓を管理していく方法も変化しつつあります。あえて、墓を持たないご家庭も増えてきているようです。これは、せっかくの御墓に誰もお参りしてくれる方達がいなくなると、お墓が荒れ果ててしまいますし、寂しいですよね。 ずっと先のことを考えて、墓じまいを決断する方達もおられます。御墓に参るという形式だけが、故人を弔うということではありません。御骨を違う形で生涯安心なように弔って下さる御寺さんも、各地にあります。長い目で先をみて、自分だけでなく御親族も負担が軽い方法を選んでいけるといいですね。

葬儀のあり方も変化してきました

霊園で火葬していただく時も、専用のお車が出て最期の御別れをします。現在でも霊園に向かう黒い霊柩車はよく見かけます。お葬式が終わると、火葬へと移行していくわけですが、従来の葬儀は前夜の通夜と当日の葬式の二日間が一般的でした。 しかし、親族も二日間空けておくということは、なかなか困難なことです。とくに遠方から駆けつけてもらう時など、葬儀か通夜かのどちらかしか出席できない場合も多々ありますよね。近年では、一日葬もあります。一日で全てのことを済ませてしまうことは、参列される方達にとっても、負担が軽くなります。時代とともに、葬儀の形が変わっていくことは自然なことでしょう。残された方達が、できるだけ悲しみから早く立ち直り、日常に戻れることも大切ですね。

Copyright (c) 2015 葬儀の際に行うべきことやそれに伴う金額の紹介 all reserved.