葬儀の際に行うべきことやそれに伴う金額の紹介

斎場での葬儀

金額や価格の傾向について

現在では斎場で葬儀を行う人が多くなっていますが、斎場の費用は葬儀の内容によって大きく異なります。 斎場や火葬場には公営と民営があり、公営の方が費用がかなり安く設定されています。 最近では葬儀の形態も多様化しており、予算に応じて葬儀内容を決めることができるようになっています。 一般的には斎場使用料の他に、火葬料や霊柩車代などがかかりますが、会葬者がいる場合は、通夜の振る舞い代や香典返し代など様々な費用が発生するため、会葬者が多いほど金額は大きくなります。 また、菩提寺がある場合やお坊さんに読経や戒名を依頼する場合は、別途費用を支払う必要があります。 費用を出来るだけ抑えたい場合は10万円程度から供養が出来ますが、内容によっては100万円以上することもあり、費用の幅が広いのが特徴です。

これまでの歴史や変遷

従来の日本では寺院や自宅で葬儀を行うのが一般的でしたが、最近では斎場で葬儀を行う人の方が多い傾向にあります。 また、葬儀に関しても風習や形式にとらわれない人が多くなっているのが特徴で、そのような風潮を受け、最近では葬儀社でも多様なプランを用意しています。 特に近年は、会葬者を呼ばず家族や親族など少人数でこじんまりとした葬儀を希望する人が増えています。中には葬儀自体を行わず、火葬のみだけ行う人なども多く、納骨の仕方も散骨や樹木葬など多様化しています。 現在では少子化や核家族などの影響もあり、納骨堂や永代供養墓などの人気も高まっています。また、終活として生前に葬儀や納骨堂などを予約しておく人が増えているのも特徴です。

Copyright (c) 2015 葬儀の際に行うべきことやそれに伴う金額の紹介 all reserved.