葬儀の際に行うべきことやそれに伴う金額の紹介

香典返しの手配

四十九日の法要が済んだら香典返しの手配を

突然の葬儀で、親族は悲しみの中訪れる弔問客の方々への対応に追われることと思います。その後も法要などが続き、毎回色々な配慮をしなければなりません。 香典返しの手配もその1つです。 葬儀の際には多くの弔問客が香典を持参してきます。親族の多くはそれを葬儀関係費用に充てることが多いようです。 このような気づかいに対するお礼が香典返しです。通常は四十九日の法要後、納骨を済ませて発送されます。 近所の方に手渡しする場合はその時に直接お礼の言葉を述べればよいでしょう。 遠方の方には宅配で発送することになります。この時は、葬儀のお礼と無事に法要・納骨が済んだことを報告する文面の挨拶状を添えるのがマナーです。 香典返しを取り扱っているお店なら、このような挨拶状を無料で添付できる所がほとんどです。文章も、渡す相手の多くに配慮し作成されているのでこちらを利用すると大変便利です。

どのようなものを贈ればよいのか

香典返しの相場は、いただいた金額の半額程度である「半返し」というものが一般的なようです。 中には故人と特に親しい関係の方から高額の香典をいただくこともありますが、その際は3分の1から4分の1程度の設定でも差し支えありません。その気持ちに対するお礼の言葉を一言伝えておくのが一番です。 香典と別に生花などをいただいた場合は、少し予算をプラスしたものを贈りましょう。 会社の同僚など複数の名前で香典をいただいた際には、みんなで分け合えるお菓子などが喜ばれます。複数でも1人1人が個人で包むような金額であった時には、やはり個人的に品物を渡す方が望ましいと言えます。 最近は、カタログギフトが若い方たちには好きな商品を選べることで良い傾向にあります。しかし注文方法が分からなかったりする年配の方、じっくりカタログを見ながら決める時間のない方には通常通りの品物を選んであげる方が無難です。 それぞれのスタイルに合ったものを贈ると品物という形だけではなく、より気持ちが伝わることと思います。

Copyright (c) 2015 葬儀の際に行うべきことやそれに伴う金額の紹介 all reserved.